スタッフ随時募集中
訪問希望の方へ
団体紹介
  • ESMO 愛媛大学学生メンターズ
  • ICO 国際交流コーディネーター
  • AIVO ボランティア・コーディネーター
  • CBP 障がい学生支援ボランティア
  • CS キャリア・サポーター
  • MSPT メディア・サポーターズ出版部
  • MSBT メディア・サポーターズ映像部
  • LS 図書館サポーター
  • ECS ECOキャンパス・サポーター

活動レポート

  • すべての記事
  • SCVの記事
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 
理科実験教室ボランティア
2015.09.27

9月27日(日)に新玉児童館で理科実験教室を行いました。

今回の実験では子どもたちに、酸性・アルカリ性について知ってもらうために2つの実験をしました。

一つ目は10円玉をピカピカにする実験です。身近な食べ物で10円玉をピカピカにできることに子どもたちも驚いていました。

二つ目は紫キャベツを使った実験です。身近な液体を使って紫キャベツの液体を変化させ、それらを用いて花びらに色付けし、花束を作りました。

 

理科実験教室ボランティア1

 

AIVO8名、ボランティア参加者2名で子どもたちを全力でサポートしました!

当日はスムーズに進み、大きなトラブルもなく終えることができました。

子どもたちはもちろん、大学生にとっても貴重で楽しい時間となりました。

 

理科実験教室ボランティア2

 

 

今後も様々なボランティアを企画しています。

ボランティアに参加してみたい人はお気軽にAIVOメールアドレスまでご連絡ください。

【メールアドレス】xxaivoxx@yahoo.co.jp

 

 
 
出張オープンキャンパスに行ってきました!
2015.09.12

9月12日(土)に出張オープンキャンパスを行いました!

今回私たちESMOは、高知県立高知西高等学校に赴き、大学生の「生の声」を交えながら、愛媛大学の魅力や学生生活を紹介しました。

初めに、愛媛大学の特色やキャンパス内・周辺の雰囲気について説明し、愛媛大学のイメージをおおまかに掴んでもらいました。

写真1

 

次に、大学生活における1年間を人生ゲーム形式にした「THE REAL 大学生活ゲーム(仮)」を行いました。初対面ではありましたが、お互いすぐに打ち解けることができ、同じ班の高校生と協力しながらゲームを進行することができました。

写真2

 

企画終了後も高校生から大学生に質問をする場面が見られました。全体を通して、大学進学に対する悩みや不安を、私たちが少しでも解消することができていれば嬉しく思います。

 

最後に、今回の企画を実施するに当たり協力していただいた、高知県立高知西高等学校の教職員の皆さま、そして実際に企画に参加していただいた生徒の皆さま、ありがとうございました。この経験を活かして、今後も進学を考えている高校生をサポートしていきます。

 
 
愛U43号 表紙撮影
2015.09.10

9月10日(金)、愛U43号の表紙撮影を行いました!

 

今回はなんと愛媛大学の中、図書館前のグリーンプロムナードで撮影を行いました。

 

9月に入って天気が悪い日が続き、外で撮影できるか不安もありましたが撮影当日は晴れ!

無事撮影することができました!

今回の撮影では久しぶりにメディアサポーター出版部以外の方もモデルに迎え、今までにない表紙になったと思います。

みなさんぜひ実物をご覧ください!!

 

画像①

 
 
第5回 大学図書館学生協働交流シンポジウム
2015.09.09

9月7日~9日に山口県下関市にある梅光学院大学で、第5回大学図書館学生協働交流シンポジウムに参加しました。

2日間のシンポジウムで他大学の団体との交流を通して、これまで自分たちでは考えもつかなかった取り組みやイベントに触れることができ、大変勉強になりました。

同時に自分たちの取り組みを「ポスターセッション」という形で紹介し、比較することでより発展的なものに出来ると気づきました。

このシンポジウムで得たものをこれからの活動に活かしていきたいと思います。

会場校の梅光学院さま、並びにシンポジウムに参加された大学の皆さま、本当にありがとうございました。

第5回大学図書館学生協働交流シンポジウム

 
 
8月企画 なぜ?なぜ?理科実験in新玉児童館
2015.08.21

8月21日(金)に、小学生を対象に理科実験を行いました。

 

今回は空気を利用した実験を行い、空気の仕組みについて学んだ後、みんなで空気砲を作って簡単なゲームをするという内容でした。さまざまなアクシデントを考慮してリハーサルを行ったつもりでしたが、さすが小学生の元気は凄まじかったです。子どもたちの勢いに押されながらも、最後には楽しかったと言って帰ってくれたので、「もっと理科に親しんでもらう」という目的は果たせたのではないかと思います。

 

しかし、反省点や改善点も多く見つかりました。実際にやってみないとわからないことがたくさんあり、大学生の私たちも子どもたちから多くを学べたように思います。

9月には「酸性・アルカリ性」を利用した理科実験を行う予定なので、今回の反省を生かして、より良いものにしていきたいです。

P1090823

 
SCVイベントレポート
MSPT 突撃インタビュー
法文学部
富田沙織 さん
VIEW MORE
%nbsp;
最近の出版物
祝・愛U50号発行
VIEW MORE
%nbsp;