スタッフ随時募集中
訪問希望の方へ
団体紹介
  • ESMO 愛媛大学学生メンターズ
  • ICO 国際交流コーディネーター
  • AIVO ボランティア・コーディネーター
  • CBP 障がい学生支援ボランティア
  • CS キャリア・サポーター
  • MSPT メディア・サポーターズ出版部
  • MSBT メディア・サポーターズ映像部
  • LS 図書館サポーター
  • ECS ECOキャンパス・サポーター

活動レポート

  • すべての記事
  • SCVの記事
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 
他大学への訪問調査2012
2012.10.01

 9月17日、18日に愛知教育大学と日本福祉大学を見学し、各大学の障がい学生を支援する団体と交流を深めました。

 

 愛知教育大学ではパソコンノートテイク(以下PCNT)を主とする支援方法を行っていました。PCNTの遠隔情報保障を先進的に実施しているそうです。携帯端末で送られてくる音声をテイクし、タブレットを用いてそれらの情報を表示する形式です。昨年発生した東日本大震災後に支援学生不足になった際には、この技術を用いて他大学の情報保障に一役買ったそうです。

 

 大学内のバリアフリー化も充実しています。廊下には手すりが設置されており、階段には車いすを乗せたまま上下可能な昇降機もみられました。

また、日本福祉大学にもさまざまな工夫が見られました。手話、PCNTなど多くの支援をしていますが、すべてサークル活動です。募集方法は愛大とは異なり、「障がい学生が自分で探す」というスタンスをとっています。日本福祉大学には障がい学生が多いため、年度初めの4月に全校の前で自己紹介する時にあわせて支援学生を募集します。愛知教育大学と同様に学内のバリアフリー化が進んでいました。

 

 ほぼすべての段差にはスロープが設置されており、階段には視覚障がい者用の滑り止めが付いていました。図書館には拡大鏡や、肢体不自由学生用のデスクがあり、本を点字翻訳する機械も用意されていました。

 

 今回の見学を通して感じたことは、CBPをはじめ、愛媛大学全体においてバリアフリーを支援する設備に不足感があることです。支援体制は本校も十分な体制をとりつつありますが、ソフトだけでなくハードの充実も重要ではないかと思います。

 

 今後、今回の訪問で得た取組みや工夫を愛媛大学に合わせた形で実践していきたいです。

 
 
クールキャンドルナイト~語ろう未来へ~2012
2012.07.09

2012年7月7日に、「学生の環境に対する意識向上」を目的として、「クールキャンドルナイト~語ろう未来へ」を行いました。平成24年度に初めて行ったため、企画の土台作りのためにECSのメンバーのみで行いました。
このイベントは、節電や、地球温暖化問題の啓発を目的とした「クールアースデー」と七夕をからめたものです。イベント中は、廃油から作ったキャンドルを使用し、節電について皆で考え、話し合うことが出来ました。最初にアイブレとして軽いゲームをしたあと、短冊に環境について願い事を書き、グループごとに、地球温暖化を抑制するために、自分たちが身近にできることを話し合いました。
このイベントを基に、25年度には、一般学生を巻き込んだイベントを行う予定です。そのためにも、ECSメンバー内で、環境問題についての知識を増やしていこうと思います。

 
 
交流合宿2012
2012.06.18

 交流合宿では回生を超えた交流を行って、全員の顔と名前(あだ名)が一致するようなれるようにアイブレやゲームを行いました。
 今年は6月16日、17日の土日を利用して、松山市野外活動センターで行われました。雨にもかかわらず多くのメンバーが参加しました。

交流合宿1.JPG

 

 

 

 1日目の夜は継承式を行い前年のリーダーから新リーダーへの引継ぎやそれぞれが思い思いに語りあういい機会となりました。2日目は午後に2回生企画が行われ、AIVOのメンバーやイベントにちなんだカルタゲームを行いました。


交流合宿2.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 1泊2日というあっという間の時間でしたが、新メンバーの顔と名前を覚えることが出来ました。AIVOではこのような回生関係なく関われる機会が内部イベントとして行われています。

 

 

 

 
 
コミュニケーションパーティー
2012.06.18

 2012年6月17日、愛媛大学ミューズ24で、ICOによるコミュニケーションパーティを行いました。このコミュニケーションパーティでは、愛媛大学生だけではなく、松山大学生からの参加もあり、様々な企画を通して交流をしました。
 ICOのメンバーが企画したゲームや、学生による歌やダンス、マジックの披露などをしました。ゲームでは、負けた人が勝った人を応援してジャンケンを進めていく「ハイテンションジャンケン」や、小学校や中学校でよく行われた「猛獣狩りゲーム」をすることでグループを作り、そのグループで互いに協力しながら解いていく「人間知恵の輪」の3つを行いました。人間知恵の輪では、数時間前までは知らなかった人同士が声をかけ合い、協力するという姿を見ることができ、企画者としてとても充実感がありました。そして中国人学生による歌の披露では、みなさんその歌声に聴き入り、愛媛大学生によるマジックでは、たくさんの驚きの声があがりました。最後にはブラジルからの留学生主導のもと、ICOもお客さんも全員でダンスを踊りました。男女1組で踊るダンスが大変盛り上がり、当初は1回しか予定していなかったのですが、急遽もう1回行うほどでした。

コミュニケーションパーティー1.jpgコミュニケーションパーティー3.jpg 参加者の方に満足していただくとともに、このイベントではICOの新規メンバーも多く関わったため、多くの新規メンバーがイベントを通してお客さんの笑顔を見ることで、イベント企画の楽しさや、国際交流をする楽しさを感じることができたのものとなりました。

 
 
ECS勉強会2012
2012.06.10

この企画は、主に1,2回生が今後のECSの活動をスムーズに行えるように、ECS内の交流と個々のスキルアップを目的として、今年度初めて行われました。ECS_勉強会2012_ (2).JPG

 午前の部、午後の部に分かれて行われ、午前の部は外部講師として愛媛大学のOBに来ていただき、物事における「背景と目的」の重要性、自分たちの「夢」の2点についてお話していただきました。ECS_勉強会2012_ (3).JPG

午後の部はECS設立前からの団体の歴史について学び、自団体についての理解を深め、最後に新たな企画を考えて班で発表するワークを行いました。

 
SCVイベントレポート
MSPT 突撃インタビュー
法文学部
富田沙織 さん
VIEW MORE
%nbsp;
最近の出版物
祝・愛U50号発行
VIEW MORE
%nbsp;