スタッフ随時募集中
訪問希望の方へ
団体紹介
  • ESMO 愛媛大学学生メンターズ
  • ICO 国際交流コーディネーター
  • AIVO ボランティア・コーディネーター
  • CBP 障がい学生支援ボランティア
  • CS キャリア・サポーター
  • MSPT メディア・サポーターズ出版部
  • MSBT メディア・サポーターズ映像部
  • LS 図書館サポーター
  • ECS ECOキャンパス・サポーター

LS 図書館サポーター

  • すべての記事
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ひよこ
LS 図書館サポーター
 

LSのイメージキャラクターはひよこです。これは、LSが作成した『ひとと会い よい本と会い こえになる』という5・7・5の、それぞれ頭文字をとって出来たキャラクターです。LSは、この「ひよこ」と共に活動を行ってきました。情報誌「月刊ひよこ」のように、LS活動には、至る所に、この「ひよこ」の存在があります。皆さんも、ぜひ探してみてくださいね。

 
 
LSのミッション:愛媛大学生に対して図書館の活用を促進するとともに、本に親しみやすい空間を提供する。LSのバリュー :学生の立場から図書館についての情報を発信する・学生にとって利用しやすい図書館づくりに努める・本に対する学生のニーズをもとに行動する  
ミッションとバリューとは?

SCVでは全体および各団体ごとに「ミッション」「バリュー」を定めて活動しています。
「ミッション」は組織全体の理念や精神を示しています。SCVはお接待の文化をコンセプトにした愛媛大学の学内に特化した活動ですので、学生の充実した生活のために学内に焦点を絞った活動をしていくということが掲げられています。
「バリュー」はミッションに向かって活動をして行く際の、行動価値基準となるものです。様々な決断においてバリューを判断基準とすることでミッションに沿った活動につながって行きます。
大学における学生中心の団体では、運営におけるサイクルが非常に短く、創設期の想いや考え方を継承することが難しいという面があります。SCVではこれらのミッションやバリューを設定することで、設立から10年と年月が経っても同じ志のもと活動を積み重ねています。

活動概要

図書館サポーターは、司書になりたいという学生側の要望と、学生にもっと図書館を利用してほしいという図書館側の希望が一致してできた団体です。
2005年4月にメンバー確保、6月に本格的な活動が始まりました。現在の主な活動としては、空きコマ時の図書館活動や情報誌月刊ひよこの発行、オススメ本の紹介などを行っています。また年間を通して本に関わる様々なイベントをしています。2012年度には学生祭で古本市を開催しました。

ミーティング
ミーティング
オススメ本紹介
オススメ本紹介
古本市
古本市
古本市2
古本市

どうしてできたの?

図書館サポーターは、図書館司書になりたいという学生側の要望と、学生にもっと図書館を利用してほしいという図書館側の希望が一致してできた団体です。活動は2005年に始まり、図書館の利用者増加に向けて学生と職員が協働するきっかけにもなりました。

主なスケジュール

4月
  1. 新入生サポート(6月まで継続)
5月
  1. 春の古本市
6月
  1. 勉強会、教科書展示のサポート、七夕企画
12月
  1. クリスマス企画
1月
  1. ミニ展示企画
その他 年間を通して定期的に行う活動
  1. 図書館活動
  2. オススメ本の紹介
  3. 月刊ひよこの発行
  4. 「えみかキッズ」で読み聞かせ

 
SCVイベントレポート
MSPT 突撃インタビュー
法文学部
富田沙織 さん
VIEW MORE
%nbsp;
最近の出版物
祝・愛U50号発行
VIEW MORE
%nbsp;